POWER EGG 5つのアプリケーション

汎用申請ワークフロー

世界のどこでも私のオフィスに

上司の急な出張で約束していた見積書の提出期限が間に合わなかったり、自分が移動中に申請を忘れていたことに気付いたりと、慌ただしい日々の中でもどかしい時間を過ごしてしまったことがありませんか。申請用紙ベースの決裁フローでは、ビジネスの変化とスピードに対応できる柔軟な意思決定に不都合が多いもの。そんなときにはPOWER EGGの電子決裁機能が活用できます。もちろん、モバイルにも対応しています。

紙の申請で出来ることは
すべて実現できます

申請時や承認途中での承認者追加など紙の申請ならではと思われていた柔軟な手続きも、システムで実現します。また、上位の決裁者が急ぎの承認決裁をすることも、複数の役職の同じ承認者がいる場合にまとめて承認をもらうことも可能です。
過去の申請書を流用して作成することもできますので、申請業務が効率的に行えます。

ナビビューが
承認漏れの防止をアシスト

ポータル画面にさまざまな通知がプッシュ配信されるナビビューには、自分に関連する依頼や決裁すべき申請が表示されます。情報が埋もれる心配も無く、必要な情報に必要なタイミングで気づき、作業を進めることができます。

申請フォーマットは
誰でも簡単に作成できます

いままでワードプロセッサや表計算ソフトで作成してきた申請書を電子化するのも簡単です。必要な項目をドラッグ&ドロップで配置するだけで、誰でも簡単に作成が可能です。

承認ルートは自動生成

すべての社員に所属部署情報を紐付けているため、誰が申請しても自分の上司を通る正しい承認ルートが自動生成されます。もちろん異動や組織変更の際にも、所属情報の変更によって異動先のルートでの申請処理が自動的に適用されます。

承認状況の見える化で判断を遅らせません。
申請途中で承認者を追加することも可能です

それぞれの申請の明細画面では、承認状況も表示されます。状況に応じて、承認ルートの一部を飛ばして上位者に決裁を求めるような対応も可能です。
また、処理中に承認者を追加できるので、内容に応じた決裁が可能です。