新機能

V3.0cのハイライト

POWER EGG 3.0は、これまでのシステムアーキテクチャの基盤部分から見直し、内部処理の効率化を図りました。モバイル環境でも円滑に業務を進められるよう、スマートフォン画面のユーザーインターフェイスを一新しました。さらに、これからのAI時代を見据えて、柔軟な連携処理を可能とするREST APIを搭載しています。

スマートフォンUIを刷新

スマートフォン対応を標準機能として搭載。ユーザーインターフェースも一新しました。

REST API

Excelからも呼び出しができるREST APIを大幅に強化。システム連携や省力化の幅が広がります。

スケジュール入力の省力化

さらに使いやすく、ドラッグ&ドロップで予定を簡単に変更できるようになりました。

スマートフォンでWebデータベースを利用可能に
ファイルインターフェースによるバッチ連携を強化
パブリッククラウド版でREST APIに対応
マスターインポートユーティリティのリモート実行が可能に
アプリケーション基盤をSymfoware Serverベースに変更
モダンブラウザに最適化(推奨解像度:1280x800px)

新機能ご紹介資料

POWER EGG 3.0での新機能はもちろん、バージョンアップをご検討されているお客様にも役立つこれまでのアップデート履歴などをご紹介します。

資料ダウンロード

V2.11cでの機能強化点

Webデータベースで一覧画面の操作性向上
Webデータベースでレコード一覧画面の表現力向上
Webデータベースで一覧表示レイアウト編集の操作性向上
Webデータベースでレコード選択時の操作性向上
スケジュールで個人1週間表示の視認性向上
スケジュールでバルーンとドラッグ&ドロップによる操作性向上

V2.10cでの機能強化点

PC版のユーザーインターフェイスを一新、マテリアルデザインを採用
フレームワークを最新化(Java 8対応、データベースを変更)
汎用申請データベースで追記フォーマットの複数対応
汎用申請データベースからWebデータベースにデータ連携
汎用申請データベースで表示項目拡張
汎用申請データベースでフィールドをドラッグ&ドロップで並べ替え
汎用申請データベースで作成済みのデータベースからフィールドの設定を取込
社員選択時の操作改善(サジェスト検索)
社員選択時の操作改善(ドラッグ&ドロップによる並び替え)
ワークフロー ルートメンテナンス性の向上(エラーのルートのみ表示)

V2.8での機能強化点

Excel形式での帳票、一覧出力が可能に
Webデータベースで新API提供
Webデータベースで外部アドオン処理連携の設定が可能に
Webデータベースで入力値に応じた編集項目の表示制御
Webデータベースの最大フィールド数か300項目に拡張
Webデータベースで入力値に応じた編集項目の必須制御が可能に
Webデータベースで通知条件を追加
Webデータベースで登録者以外の操作制御設定が可能に
リッチテキストエディタ内に画像を埋め込み、ドラッグ&ドロップが可能に

新機能ご紹介資料

POWER EGG 3.0での新機能はもちろん、バージョンアップをご検討されているお客様にも役立つこれまでのアップデート履歴などをご紹介します。

資料ダウンロード