POWER EGG 5つのアプリケーション

経費精算ワークフロー

会計システムはもちろん、
原価管理システムとの連携も可能です

POWER EGGの経費精算ワークフローは、富士通・GLOVIA smart会計やスーパーストリーム社のSuperStream-NXといった会計システムとの連携を想定したワークフローを備えています。また、複数の原価管理システムとの連携実績があります。

経理処理でももちろん
ナビビューがアシスト

ポータル画面にさまざまな通知がプッシュ配信されるナビビューでは、もちろん経費精算関連の申請も通知されます。申請者はもちろん、経理担当者にとっても承認状況の把握や作業進捗の確認を確実に行える安心感があるでしょう。

入力支援機能で入力作業時間や
入力ミスを削減できます

入力項目が多く面倒と思われがちな経費精算ですが、経費種別に応じた入力画面を用意できるのはもちろん、日当や宿泊費の基準単価を事前登録したり、駅すぱあとからの経路選択で料金を自動入力する支援機能がありますので、申請時の負担を低減できます。

経理業務に必要な機能が
すべて備わっています

経費精算内容の確認、振込データの作成、現金支払・口座引落し後の支払消込、仮払いに対する各種催促、外部会計システムへの仕分連携といった、経理業務に必要な機能はすべて備わっています。もちろん、承認プロセスの見える化や承認ルートの自動生成などPOWER EGGの標準的な機能がすべて使えます。

実運用に耐えうる経理担当者機能で負担を軽減します

領収書台紙のバーコード読み取りで申請内容を確認できる機能を搭載。また、拠点や部門ごとの経理担当者を設定でき、業務の負荷分散を実現します。